多様化する葬儀の形

葬儀と一言で言っても現代では多様な種類があり、遺族や故人の意思でどれを選択するかが分かれます。葬儀にはどのような種類があるのでしょうか。

まず形式で分類すると、仏式やキリスト式、神式など故人や家が進行する宗教によって分かれます。さらに各宗教の中の宗派や地域のしきたりによって細かい作法なども変わってきます。最近は特定の宗教を持たない人による無宗教葬という形も広まりつつあります。無宗教葬とは、読経や宗教儀式を省略したりできる限り少なくする代わりに、故人らしい飾りつけや音楽を流してお見送りするという葬儀です。生前信仰する宗教や交流のあるお寺が無く普段かかわりの少ない宗教で形式的な見送りをするのに抵抗があり、もっと遺族の手で見送る葬儀がしたい、という思いで選択する人が多いようです。

次に葬儀の規模での分類があり、家族葬や密葬といった近親者のみで行う小規模のものや通常の一般葬、社葬など大規模なもの、そして火葬式や直葬など最低限のことだけやるものがあります。以前は密葬といえば、ひとまず近親者で火葬まで行い後日社葬や告別式などの大規模な式を執り行うものでしたが、現代では密葬だけで済ませることもあり呼び方は同じでも昔とは内容が違うものもあります。最近よく聞くようになった家族葬は、一般葬のように会社の関係者やご近所の人を呼ぶことなく招待した身内だけで見送る葬儀となります。親しい人だけで見送るのでおもてなしや挨拶などに気を使う必要がなく、宗教的な決まり事も決まっていないので、故人を尊重しながらゆっくりと別れを惜しむことができます。

どの葬儀を選択するかは、故人の考えや遺族の事情、親戚や地域との兼ね合いによって変わります。しかし、どのような葬儀を選んでも後悔しないようよく考えて選択したいものです。