葬儀にかかるお金の話

葬儀を行うとなった時に気になるのが費用です。なかなか経験することがないので、お布施や返礼品、食事代や会場の基本料など相場がわからないこともあります。どれだけの費用をかければいいのか一般的な価格を知っておけば、いざというときに困ったり不安に駆られる心配を減らせます。

家族葬や密葬など、規模や形式によって金額は変化しますが、一般葬の平均は約189万程度だというデータがあります。年々金額は下がってきている傾向にありますが、かなりの高額な料金がかかることが分かります。料金の内訳は、祭壇や棺といった葬儀一式の費用と訪問客の飲食接待費、そしてお寺に払うお布施などの費用があります。費用は火葬費用や斎場の使用料といった固定のものと、返礼品や食事代など来る人数によって変動するものがあり、訪問客の数が予想より多くなった場合などは価格が上がるので注意が必要です。葬儀会社の見積もりや打ち合わせ時の金額よりも追加料金が増えることもあり、インターネットで提示されている金額を鵜呑みにするのは注意が必要です。

そして相場がわからなくて困るのが僧侶に払うお布施の金額です。これは相場では約44万ほどだといわれていますが、菩提寺によっては金額が変動する場合もありますので、葬儀会社が紹介してくれた場合は僧侶にいくら払えばいいか聞く必要があるかもしれません。さらに戒名の院号の有無で値段が変わるので注意が必要です。葬儀が終わった後にも香典返しがあり、さらに費用が追加となる場合もあります。

家族葬や直葬など費用をかけずに安く済ませる葬儀も増えてきていますが、やはり世間的にも故人を悼むためにも盛大な葬儀で見送りたいという人もいます。あくまで支払う遺族の負担になりすぎない範囲で、できる限り心を尽くして見送るための費用だと考えて予算を組むことが望ましいといえるでしょう。