生前に家族と葬儀の準備をしておく

葬儀はやり直しができず、なおかつ大事な人の死に動揺したままで慌ただしく準備を整えます。そのため後になって満足できる葬儀ではなかったと後悔したり、費用が高額になって遺族の負担になったり、菩提寺との連絡や親族への通知ができておらずトラブルになることもあります。このような問題が起きないようにするには、事前に葬儀の内容や訃報を知らせる相手をまとめておくなど、生前に準備を行うことで解決できます。

生前に自ら死後の準備をする終活という活動があります。終活とは、高齢者などが自分の身の回りの品を整理したり、自分の葬儀をどうやってほしいか家族と話し合ったりと、亡くなった後に遺族が困らないよう自ら準備を整えておく活動のことです。残された人に迷惑をかけたくないからと、元気なうちに取り組む人が多いようで著名人のなかでも終活に取り組んでいる人が多くいます。セミナーが開かれたり専門書籍が出回るなど一般の人にも少しづつ浸透してきている活動です。

ほかにも、高齢者や病気の家族を持つ人が葬儀会社などに相談する事前相談というものもあります。まだ家族が生きている間に相談するので後ろめたいと感じる方もいるかもしれませんが、亡くなってから葬儀の内容を決めて満足のできる内容になるとは限らないので、少しでも不安と後悔をなくすための一つの手段としてとらえると気持ちが楽になります。事前相談で予算の見積もりや見送り方、訃報を知らせる人たちの連絡先をまとめるなどしておけば、急に不幸が起こった時でも対応することができます。

葬儀とは、故人のために行う儀式であると同時に、遺族が心の整理をつけ故人を受け入れるための儀式でもあります。見送られる故人も残された遺族も後悔しない葬儀を執り行うためにできることをするのは、お互いにとって必要なことであるはずです。